インプラント

インプラント

インプラントインプラント治療とは、歯を失った部分にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して失った歯を補完する治療法です。
歯が抜けてしまった方、歯が足りない部分がある方、抜歯をしなくてはいけない方、全ての歯を失ってしまった方に至るまで、全ての方にインプラント治療は適応が可能です。
インプラント治療は、部分入れ歯やブリッジのように隣の歯に負担をかけません。また、総入れ歯のように顎の骨が痩せてしまうこともなく、非常に優れた治療方法です。

歯を1本だけ失っている場合

歯を1本歯を1本だけ失った場合の治療法は、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントといった種類があります。
ブリッジとは、失ってしまった歯の両隣の歯を削って土台を作り、そこに橋渡しをするように連なった義歯のクラウン(被せ物)を被せる治療法です。この治療法では、本来は3本の歯で支えなければならない力を2本の歯で支えなくてはならないため、土台となる両隣の歯に大きな負担をかけてしまいます。
また、部分入れ歯は、クラスプと呼ばれる留め金を両隣の歯にかけて入れ歯を固定するため、ブリッジと同様に両隣の歯に大きな負担をかけてしまいます。
これらの治療法では、1本の歯を失ったことが原因で両隣の歯を連鎖的に失ってしまうリスクが高まり、最終的には全ての歯を失ってしまう可能性があります。
インプラント治療であれば、両隣の健康な歯を削る必要もなく、他の歯に負担をかけずに機能性も審美性も回復することが可能です。インプラント治療は、残りの健康な歯を守る予防の意味でも理想的な治療法です。

歯を数本失っている場合

連続して数本の歯を失ってしまっている場合、多くのケースでブリッジによる治療は適用ができず、残された選択肢は部分入れ歯かインプラントになります。
数本の歯を失っている場合の部分入れ歯は、欠損部分の義歯を支えるためにクラスプという留め金を左右の両側にかけて使用するケースが多くなります。この治療は、金属の留め金が目立つため審美性が損なわれ、入れ歯を支える歯に負担がかかるだけでなく、細菌が付着しやすくなるのでお口の中全体が不衛生になりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、残念なことに、歯を失う前と比べると噛む力は数分の1程度になってしまいます。
インプラントの場合、機能性と審美性を回復できるだけでなく、残った歯の寿命を縮めたり、お口の中の衛生環境を悪化させることもありません。噛む力に関しても、歯を失う前と同じように噛むことができます。
数本の歯を失っている場合でも、数本のインプラントを土地にして、その上にブリッジをかける事が可能な場合もあります。
当クリニックでは、患者様のお身体への負担や経済的な負担を軽減できるよう、可能な限り最小限の治療を行うことを心がけています。
また、インプラント以外にも、機能性・審美性に優れたクラスプのない入れ歯もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

歯を全て失っている場合

全ての歯を失っている場合、インプラントを取り外し式の義歯の土台として応用し、その土台に入れ歯を固定するオーバーデンチャーという治療が可能です。
通常の場合、2~4本程度のインプラントを埋め込み、そのインプラントに入れ歯を固定します。
固定の方法によって、ボールタイプ・バータイプ・マグネットタイプ・ミニインプラントなどがあります。

インプラントで重要な歯科用CT

重要な歯科用CT最近では、歯科用CTの使用により、顎の骨を立体的に撮影することが可能になり、より多くの情報を得られるようになりました。当クリニックでも、インプラント治療時には歯科用CTを使用した検査と診断を行っています。これにより、安全で予知性のあるインプラント治療の実現が可能となりました。

一番上に戻る
一番上に戻る
TEL:048-765-5101